2015年忠別湖トライアスロンスイム会場
参加選手も多いですが応援団のサポートも熱いですよ!
 2015年忠別湖トライアスロンゴール会場 
本大会では毎年表彰台の常連もいます

1986年トライアスロン黎明期。まだ大会など全国でも数えるほどしかない頃、新しいスポーツに敏感な函館近郊のランナー、スイマー、サイクリストらが集まり、超長距離・耐久系競技大会参加を目指して自然発生したのが当クラブです。

 モットーは『来る者は拒まず暖かく迎える。3種目できなくともかまわない、ハードに元気に、楽しく遊ぼう!』
 事実メンバーには、大会で上位入賞を目指してタフな練習に励む人から、今は泳げない・バイクもない・ランニングしかできない、けれども夢は「いつの日か私もアイアンマンに!」という人まで様々なレベルと指向の顔ぶれが並んでいます。

 メンバーは大会に向け各個で日々鍛錬を積みますが、クラブとしては定期的に練習会や記録会を開催し会員のレベルアップをサポートしています。トレーニングは必然的にクロスオーバーしますが、ラン・バイク・スイムの基本三種目だけでは飽き足りず、トレイルラン、MTBやXCスキーにも進出。

 そんな個性も指向も雑多で多様な集まりですが、忘れてはいけない大事な“種目”が反省会という名の宴会です。別名“第四の種目”とも呼ばれ、こちらも近年大規模化が進行中、内臓・持久力の鍛錬にも抜かりはありません。

 競技種目だけでなく職業も様々、元気で楽しい集団。スポーツのいろいろな楽しみ方があることを実感できる当クラブ。興味のある方は、いつでも扉が開いています。どうか、遠慮なくご参加ください。

 
毎年7月の連休には洞爺湖、ニセコで夏合宿を行っています
他チームとの交流も活発です
 
 ニセコにもトライアスロン仲間がいます 合宿最終日のラントレ
羊蹄山をバックに記念写真 
   
 いつもお世話になっているニセコのペンション「旅の交差点」 懇親会では急遽スイムフォームチェックやストレッチも始まります 

本州への遠征  
   
 愛知県常滑市で開催のハーフアイアンマンJAPAN
本州の遠征にも積極的に参加しています
ハーフアイアンマンJAPANでは、オール北海道として
他地域のトライアスリートも仲良く交流しています