2005年12月

【2005、書き納め】 今年のScribbleを読み返してみたおいら。この時期決まってすることなのだけれど、やはり今年も顔から恥ずかしさの火が出るくらい妙なことを書いちゃったね。まぁ、それもその日のおいらだし、大げさにいえば生きていた証、もっと言えば財産だものね。よくぞ書いたと、とりあえず、いや、いたしかたなく自画自賛しておこうかな^^;
でもね、ふと思うのは、ここ『まいたけ』は公開という特別な場ではあるけれど、いっぱい強気をだせたり、いっぱい弱音をはけちゃったり、「ちょっと聞いてよ」のようなかんじで愚痴ることもできたりと、嬉しさだけではない辛いことも含めてみんなに何でも言えて癒される、甘えられる、気持ちの整理をさせてもらっている、大切な場所であるっていうことは確か。管理人のおいらが言うのもへんだけれど、何とも言えない居心地の良さみたいなのがあるのだよ。
今日で今年のScribbleは書き納めにしするのだけれど、今年も『まいたけ』を可愛がってもらい、そして声をかけてくれてどうもありがとう。みなさんのおかげで幸せな2005であったよ。来年2006年は、もっと時間を大切にして、もっと自分をみつめて歩んでいきたいな。こんなおいらだけれど、また来年も仲良くしてね。それではよい年末年始を。。
2006年は1月4日から書き始めます(^-^)
05.12.30

【ブログ最多話題】 世界の2000万以上のブログを対象に、この1年間の話題の傾向を調べたところ、ブログに登場した回数が最も多かったのは“ハリー・ポッター”だったそうだ。そういえば今年も映画や本でハリーハリーしていたし、ブログに書くネタとしては丁度良かったってところなのかな。おいらもハリーは観るけれど、Scribbleまでには書かなかったような気がしたな。まっ、結局のところ、ハリーにも負けない摩訶不思議なことを書き続けてきたけれども。おいらも話題の方向性としては間違ってはいなかったということかな(オイオイ)
05.12.29

【最後の仕事】 6週も早くインフルエンザの流行期に入ったそうだ。今のことろおいらの周りでは「かかった」という話はないのだけれど、北海道は注意報内に入っているようだから油断はできないし、こういうのっていきなりバタバタとくるからね。とりえずうがいでもしておきますかな、正月に寝込みたくもないしね。
さて、世間では今日が仕事納めってところが多いのかな。おいらも昨日、1週間遅れで印刷を終えた入院者の会機関誌を、今年もありがとうの挨拶がけら院内のあちこに配ればおしまいになるのだけれど、廊下がかなり寒くてね。新電動車椅子は手が冷たかろうと操作ができるからいいのだけれど、なんせ温室キノコの身ですから。それでも今年最後の気合いで乗り切らなきゃね。なんだか仕事の終わる嬉しさと、明日から何をしようかの暇予感に、うーんって、只今、混ざる気分だよ。
05.12.28

【愚痴グチ】 ドイツの企業には、愚痴3回でクビになるところがあるそうだ。言ってもしかたがないことをグダグダ言わず「とっとと働け」ということなのかもしれないけれど、気の合う仲間にはつい愚痴ってしまうおいらとしては、それってどうよってかんじだよ。というか、1日で解雇だわさ(汗) そんなに「愚痴ばかり?」とわけでもないけれど、愚痴を言えるっていうのは、相手を信頼しているから言えるのであって、誰かまわずあたりに言い歩いているのは単なる文句という別物と思ったりするのだよ。それに愚痴は心の不要物であると思うし、はき出すだけでけっこう気が楽になったりするよね。聞く方はたまったものでないかもしれないけれど、そこは持ちつ持たれつということで勘弁してもらいましょう。そう考えると愚痴れるっていうのも幸せなことかもしれないな。うーん、なんだか愚痴を弁護してしもうたよ^^;
05.12.27

【電気点検】 今日の午後から電気系統の院内総点検があるそうだ。13時から17時までの間、医療機器以外は電気がつかえなくなるわけなのだけれど、う〜ん、何をして過ごしていましょうか。とりあえず電動車椅子に乗っている約2時間はうろつきで何とかするとして、問題はベッドで横になっている時間。全く時間のつぶしようがないのだよね。ナースコールを押して「あそぼーよ」なんてほだく計画案もあるのだけれど、確実に怒鳴られの雨嵐になるだろうし、瞑想にふけるガラでもない。やはり手っ取り早い昼寝をして待つしかないね。あぁ〜ひまだぁ
05.12.26

【昨日のイブは】 おいらのイブはお仕事でしたワ。入院者の会機関誌の編集&印刷準備なんぞを仲間とやっておりましたのよ。ひとつのパソコンを仲間(男4人)で囲むような光景かな。一部に「イブに仕事はどうよ」って耳に入ったような気がしたけれど、ならば残して「正月に仕事」になるほど悲しいものはないからね。というか、仲間は数日で外泊をしてしまうので、おいらひとりで仕事なんていうのもいやだしね。なんだか、いつになく仲間をせき立ててしまって、それに力を入れすぎて疲れたね(笑) イブに仲間と仕事が出来たっていうのも幸せなことなのかな。
05.12.25

【未来送信】 未来の自分や他人宛にメールを送れるサイトがアメリカにはあるそうだ。30年後くらいまで設定ができるそうだから、けっこうなものだよね。なんでも、それを利用して残された家族への遺言的なメールを送る人もいるそうなのだけれど、そんな大切なことをこんなもので済ませてしまっていいのかね。だって家族が知らずにメールアドレスを変えてしまったらそれまでだもの。というか、そもそも30年後にはメールというものが存在しているのだろうかね。たぶんメールにかわるものになっているだろうよ。ということでおいらの30年後のメールには、「届いてる?」から書き始めようかな。意外と30年後も『まいたけ』してたりして。
05.12.24

【おもしろさのズレ】 仲間が職員と「誕生日だね」のようなことを話していた。たしか仲間は1月が誕生日だし、そうしたら職員の方かと割り込んで「おめでとう」を言おうとすると、今日の天皇誕生日のことだというではありませんか。まぁ、誕生日にはかわりはないけれど、「祝日だね」とか言うようなところを「誕生日だね」という、ちょっと言わないような言い方におもしろさを感じたのだけれど、周りはいまいち受けが悪い。ぶう。やはりおいらってズレているのだろうか。こういうたわいのない、なにげない会話にこそ魅力があるのにな。
05.12.23

【外泊期間】 病棟に入るとすぐ目に入るよう置かれているクリスマスツリー。この時期当たり前の光景なのだけれど、今年はちょっと違って見えるよ。微妙にツリーが傾いているのだよ。はじめは気になって何度か直してもらったりしていたけれど、土台から悪いのか、すく傾いてしまうので、今は「勝手にしなさい」の放置状態になっているよ。これからが出番なのにね。
さて、今日から病棟では年末年始を家で過ごす冬季外泊が始まるよ。おいらはいつものごとく居残りなのだけれど、年々体力的なことなので居残り仲間が増えてきているのが現状。それでも1人、2人といつもの顔がないというのは物足りなさをかんじるものだね。もちろん楽しんでおいでの気持ちで「いってらっしゃい」をしているよ。人の楽しみな顔を見ているのってこっちも嬉しくなるものね(^-^)
05.12.22

【パソコン不眠】 日常生活での行動と不眠との関係について調べた記事に、不眠を感じることがよくある人の3割近くは「6時間以上パソコンに向かっていることがわかった」との文をみつけた。なんでも、日中ずっとパソコンに向かっている生活は、運動不足や外に出ない(太陽を浴びない)生活になりやすいから不眠になるとのことらしいけれど、それなら「おいらじゃん」ってことになるような気がするな。なんたってテレビや音楽を聴く分を抜いてもパソコン利用は6時間を越えているし、運動といっても親指程度。しかも寒くて凍ってしまうかもしれないから外に出ない男だもの。
「じゃあ、不眠なの?」ということになるのだけれど、その肝心なところだけ違うんだな、これが。まっ、たまには鼻のつまりや体調などで寝付きが悪いこともあるけれど、それはパソコン時間と関係がないことだしね。
ということで残念ながら(?)3割近くに入らなかったおいらなわけだけれども、これは仕事でのパソコンと楽しみのパソコンの違いかと勝手に解釈をしておこうかな。
05.12.21

【鼻がつまって】 昨夜は鼻がつまって眠りが浅かったよ。暖房が入り、病室が乾燥気味だからなのかなとブチブチ思いながら夜を過ごしていたのだけれど、人工呼吸器からの空気の入りがいまいちになるだけにちょっと気になっちゃって。昼間ならテレビか何かでごまかすこともできるのだけれどそうもいかないし、もちろん「く、くるしいぃ」となるほどではないので静かにしていたけれど、ほんとひさびさの「いやだぁー」だったな。ちなみに電動車椅子に乗ると鼻は通るのだけれど、まさか夜中に乗るのもねぇ。でも夜中に電動車椅子でウロつくのも楽しいかも。ドクターに頼んで許可をもらっておこうかな(笑)
05.12.20

【シャシン】 今朝は今年最後になるであろう(?)採血があったよ。2日前に採ることを報告されていたにもかかわらず、あることをすっかり忘れていたおいらなもので、男ナースの「起きて」の採血する起こしに不機嫌で目を覚ましてしまったよ。まぁ、その不機嫌さが幸だったのか、血はすんなり出てくれたのだけれど。やはり血の流れをよくするのには、カッカすることがよいのだろうか。これからは機嫌を悪くして血を採ってもらうことにするよ(笑)
ということで今回の採血は何事もなく終えたのだけれど、今日はそれだけではない。胸部のレントゲン撮りというおまけもあるのだよ。これも2日前に「胸のシャシンを撮るからね」のようなことで報告されているのだけれど、レントゲンをシャシンと言うのはなぜなのかね。病院ではごく普通なことなので誰も何も不思議がらない、いわいる業界用語ぽくなっているけれど、場が違うところで“胸のシャシンを撮る”を耳にするのはちょっとアブナイことかもよ。。と、考えを深めるおいらもどうだけども。まっ、レントゲン撮り前の余談ということで^^;
05.12.19

【賞状文】 病棟内で行ったレクレーションの表彰式を20日にするよ。そこで使う賞状をつくることになったおいらなのだけど、こういうのものけっこう難しいものだね。枠はさっさとたやすくとはいかないまでも楽に出来たのだけれど、問題はその中に入れる文なのだよ。こういった場合、お堅いのよりも場がニヤリとする楽しい文が好ましいものね。しかもそれを別文で6人分作らないといけないからさあたいへん。
同じ文で「名前だけ変えれば?」という声があったけれど、それじゃあ味気がないし、つくるおいらが自身が許せない。やっぱり受け取る人のことを浮かべてその人にあった文にしないとね。まぁ、そう言っておきながら似たような文になるだろうし、笑いをとれない可能性大だけれども、それでも心と時間をかけてに文をつくろっと。
05.12.18

【ネーミング】 寒波がやってきて全国的に寒いようだね。病棟ではそれほど感じないまでも、やはり廊下の寒さは身にしみるものがあるよ。なんだか今からこんな弱くて「どうするの」だけれど、寒いものは寒いし、こういう感じるものって鍛えようないしね。お天気情報での風邪ひき指数も先週より高くなっているし、ちょっとイヤな雰囲気だなぁ。気をつけようね。
さて、新電動車椅子に名前(愛称だね)を「つけないの?」といったメールを数件もらったのだけれど、う〜ん、なにがいいだろうね。スイッチ操作だから「スイッチ君」なんていう仲間の声もあったけれど、それじゃあそのままでつまらないよね。やはりおいらのようなのが乗るのだからひとひねりも、ふたひねりもないと。といいつつ何も思いつかないんだけども。まさか多摩川にいたからタマちゃん(懐かしいぃ)のように、八雲だからヤックンのような次元にはしたくないし、しばらくは新電動車椅子で通すことになりそうだな。あぁ、嬉しくて、また電動車椅子ネタになってしもうたよ。ふふ。
05.12.17

【目線の位置】 新電動車椅子の仮使用、はじまったよ。
といっても、まだシートカバーもかかっていない状態だし、まだ操作のプログラムが出来ていないので、前進左右走行しかできない電動車椅子だけれど、これまで手の冷たさで左右されていた操作のことを思うと楽々。スイスイのスイっていうかんじで動きまわっているよ。
しかも今回の新電動車椅子は数センチ背が伸びて目線がちょっと高めになったせいか、見る世界が微妙に変わって戸惑いまではいかないけれど、なんとなくなれないでいるよ。なんたって目線をあげて人と会話したことはあっても、目線をさげてということはあまりなかったからね。おいらはそういうつもりがなくても、相手は上から下に言うような気持ちにさせていないか、おしゃべりをしながらふと、そんなことを思っちゃったよ。
よく、会話の基本は目線を合わせて…という言葉を聞くけれど、たしかにそうだね。まっ、おいらの場合、かがんで合わせることも出来ないのですみませんになるのだけれどね。
05.12.16

【年末薬】 昨日は病棟入院者会の定例役員会があったよ。仕事はまだあるのだけれど、会議のような場面はこれが今年最後になるはず。何事もなけれはね。ということで、気分は少しでも年末になってもいいかんじなのだけれど、まったくそうならないのはおいらが鈍いだけなのか。窓からは雪の積もりが見えて、病棟にはクリスマスツリーがおかれ、年末の雰囲気はあるのに。お薬じゃないけれど「効き目はじんわり」というやつなのかな(笑) やっぱりおいらに効くのは年賀状印刷を終えた時なのかな。でも、なかなか印刷しようという腰があがらないでいるのだよねぇ。
05.12.15

【操作無理】 パソコンの次は電動車椅子でぇ〜す!と、明るくいう話ではないけれど、今度は電動車椅子のコントローラーが、何かの拍子で位置がずれしてしまって操作ができなくなってしまったのだよ。
ならば位置を直してもらえば「いいんじゃないの?」ということになるのだけれど、おいらの手にコントローラーを合わせるのは、ミリ、いや、ミクロ級なことで、一昨年だったかに調節したときには1、2週間はかかる超微妙な作業だったのだよ。
で、今回も…となるのだけれど、そこは切り替えのいい(?)おいらのこと。あっさり位置調節を諦めて「次いってみよう!」という調子で、その苦労も新電動車椅子作りに力を費やすことにしたのだよ。まぁ、おいらだけがそう思うだけでは話にならないのだけれど、製作関係者も理解をしてくれているので、近いうちに仮使用という段階に入れると思うよ。たぶん。
それまでは病棟で操作できない電動車椅子に乗り、製作をしている訓練(リハビリ)室まで連れて行ってもらい新電動車椅子に乗り換え、そして帰りは新電動車椅子で操作できない電動車椅子を引き連れて病棟に戻り、降りたら新電動車椅子を訓練(リハビリ)室に持っていってもらうような、人様に面倒をかけてしまう暮らしをするのですよ。はい。
そういうワガママを普通にこなしてくれる職員に感謝だよな。
05.12.14

【テレビオンリーで】 復帰にたくさんの「おめでとう、よかったね」をもらいました。パソコンが直った喜びもあるけれど、たんさんの声に幸せを感じたよ。どうもありがとう。まだ返事メールを出しきれていなのだけれど、近いうちにとどくだろうから少々お待ちくだされね。
いただいた復帰祝いメールなどの中に「パソコンがなくて何をやってたの?」というような質問がけっこうあったのだけれど、そりゃあもちろん、朝から晩までテレビでしょう。なんたってベッドで横になったらそれしかないんだもの。でも朝から晩までっていうのは飽きるね。テレビをつけながらウトウトするようなことをやらかしていたよ。
なんか、こんな暮らしを1年もしていたら「ボケるかも」って思ってしまったのだけれど、やっぱりやることをしっかり持って取り組んでいないと人間だめだね。と、改めて思ったりして。
05.12.13

【帰ってきたよ!】 約2週間ぶりのScribbleになりました。なんだか「ただいま」より、「ひさしぶり」が似合っちゃうようなかんじだけれど、みなさま、元気でいましたか?
BBSに仲間のK1クンが伝言書き込みをしてくれたので、事の事情がわかった方もいるかと思うけれど、この間、インターネットができない状態にあったのだよ。
というか、はじめはネット接続機器の故障かと思いこんでいたのだのけれど、しばらくたつとパソコンの異常が出てきちゃって、ハードディスク?システム?というところまで不安が行き着いてしまっていたのだよ。
当然おいらの手には負えないので、入院者が集うホールにパソコンを運び、プロ級の腕を持つ仲間に何日もかけて回復させてもらったワケなのだけれど、メーカーに旅出させるから「年内は無理だな」と思っていただけに、「よく直してくれました」の感謝感謝だったよ。
ということで、ネットライフ、パソコンライフ、ビューティフルベッドライフ!が復活したわけなのだけれど、それにしてなぜにおいらのパソコンはこの時期におかしくなるのだろうか?たしか去年も今頃リカバリーをさせているし。まぁ、毎日、優しくとはけして言えない使い方をしているから疲労もたまるだろうけど、ほんと、この時期のパソコン不機嫌は困るよな。というか、いつなろうとも困るんだけれど。
なんだかいろんな方に心配をかけちゃったけれど、こうして相変わらずの“おいら”で帰ってきたので、また宜しくお願いしますね(^-^)
05.12.12

パソコンの不調で休み
05.11.28〜05.12.11