2006年5月

【午前だけ】 

朝イチで、ドイツ戦後半を見ながら入院者の会ごとのパソコンワークみたいなことをしたせいか、どうも生活のリズムがヘンテコになっちゃったかんじでね。というか、明日からなる6月は病棟総会の月なので、あれこれ日程調整なんかに午前中いっぱいかかっていたこともあってなのだけれども、マラソンで言えばペース配分の失敗とでもなるのかな、お昼あたりから軽い頭痛なんかがしてきてね。でも、生活に支障ないくらいだったので、そのまま午後部に入って会議にも出たりもしていたよ。

とりあえず夕食を食べたら頭痛が消えたようだけれど、今夜は早く寝るとしようかな、明日が良い日になるようにね。

おやすみなさい。

06.05.31

【歌会始のお習字】 

宮○庁で行う、歌会始の詠進に短歌を出してみようと思っているおいら。はじめて知ったのだけど、こういうところに出す短歌って、お習字で書かないといけないんだね。しかも、「用紙は、半紙とし、毛筆で自書してください」とまで記されていて、それの書式図まで載っていて、なんだか短歌を考える前に緊張が走りましたよ。

とりあえず、「病気又は身体障害のため毛筆にて自書することができない場合」として、代筆、パソコンでの印字、点字でもいいようなことらしいけれども、その場合、機器を使用した理由を別紙に書かなければならないらしくてね。要はおいら流の解釈からいくと、「私は病気です」と一筆書かなければならない気分にもなるのだけれども、どんなものなのだろうか。

たんぶ習字で出そうとも、印刷や点字で出そうとも、コンペはコンペなのだから垣根なく作品の良さで選ぶのだろうけれど、なんとなくスタートラインから違うような気がするというか、簡単に言えば、配慮したつもりが配慮になっていないのかなと思ったりしてね。どうせなら、「習字も印字も点字もOK」って、「なんでもいいよ」って、しておけばいいのだよ。

習字でと知って、「いいな」と、印字や点字を羨ましがっている人だっているだろうしね(笑)

06.05.30

【寝不足の恥】 

また寝つきにかなりかかり、寝不足になってしまった今日のおいら。おまけにどんよりした天気もあって、なんとなくぼやけ気味でいたのが落ち込んでいるにみえるのか、何人かから「どうしたの?」「何かあった?」「悩み?」なんていう声をもらってね。そのたびに「そんなことはないよ」みたいなことを言っていたのだけれども、何度か言っているうちに落ち込んでいないと悪いような気がしてきてね。しかも鏡を見ると、いつもっぽくない、ちょっぴに目がうつろっぽく見えなくもなくてね。う〜ん、なのでしたよ。

昼に10分ばかりのお昼寝が良かったのか、頭も体もスッキリしたし、そのあとは誰からも「どうしたの?」とかいうのはなくなったのだけれども、午前に訓練(リハビリ)の先生から言われていた、「午後、電動車椅子に乗ったらすぐ来てね」という用のために訓練(リハビリ)室に行くと、その先生はいなくてね。しばらくして、廊下を通る先生を見つけ、「きました」ときりだすと、先生に「はぁ?」と言われちゃって。

どうやら明日の事だったらしい…

笑ってごまかしてきたけれども、完璧に先生のハナシを寝ぼけて聞いていたなと、自分に驚いたな(苦笑)

06.05.29

【黄色のバラ】 

おいらの日本ダービー予想はぜんぜんだったな。なんたって、Nドリームパスポートが3着、そしてPフサイチジャンクは11着だもの。というか、適当選びだから当たらないのが普通のような気がするのだけれど、午後3時からの約1時間、そわそわするような気持ちで楽しませてもらったから、ちょっとはよかったかな。たぶん馬券なんかを買っていたら、こんなふうには思えないだろうけど。はは

話し変わって、

知人とのメールで誕生花の話しになり、おいらの花は何か調べてみたのだけれども、どうやら黄色のバラのようでね。で、きっと、愛に関する花言葉なのだろうと思っていたら、嫉妬なんだって。ある意味では愛かもしれないけれども、要は人の愛情が他に向けられるのを憎むようなことでしょ?ちょっと人前で誕生花は言いにくいよな。というか、ここで堂々と書いちゃっているワケなのだけれども、なんだかいやだなぁ〜

でも、カタガナがいっぱいの、よくわからない草花でなくてよかったかも。自分が覚えるのも苦労だけれども、相手に伝えるとき、ぜったいに聞き返してくること間違いなしそうだもの。そのことでは、嫉妬の黄色いバラは覚えてもらいやすいからいいのかも。

でもやっぱり・・・

特別な黄色いバラということで、心清いとかにしておいてもらおうかな(笑)

06.05.28

【仕事日】 

明日は日本ダービーがあるそうで。仲間とのおしゃべりで「そうなんだぁー」とわかったのだけれども、その結果、もちろん馬券を買うわけでもないし、いまいちわからない山勘で、Pのフサイチジャンク流しにして、P−Nにしようと思っているよ。フサイチジャンクは単純に人気馬だから、Nは語呂でイチゴになるからいいかなと決めてみたのだけれども、はたしてどうなるか。明日の午後3時すぎが楽しみかな(笑)

さて今日は、昨日のScribbleで書いたように、残りの仕事を朝から取り組んでいたのだけれども、けっこう事がはかどってしまってね。だからP−Nだなんていう余裕の会話を仲間ともできちゃったわけで、今日もそれなりにいい日になれたなと思えてね。今さらながら今日の運勢を見てみると、「停滞脱出、仕事がはかどる1日」という言葉があって、だからだと納得したのだけれども、そこからがおいらの悪いところでね。「それならもっとやればよかった」だもの。

欲張りもほどほどが一番だよね。

06.05.27

【意見収集】 

今日は入院者の会ごと用で、1人1人にとあることの意見を「どうですか?」と聞き回っていたのだけれども、メモがとれないおいらとしては記憶が勝負ってところがあってね。だから聞く項目の数にもよるけれど、せいぜい5人の意見を覚えていられて、それをパソコンに打ち込むような作業を繰り返しているだけれども、時々記憶が飛んでしまい再度聞き直してみたり、誰かと誰の意見が入れかわって打ち込んでしまったりして、「もう、いやだ」と、ヒステリックな独り言を言ってしまう場面もあったりして…

まぁ、それはおいておいて、本日は無理して時間を空けてくれた保育士さんが、メモとりを手伝ってくれたのでかなり助かったんだけれども、結局はそのメモをどうパソコンに打ち込むかってことなんだよね。いつもなら、メモを見て打ち込める面々に頼んだりもするのだけれども、なんだか面々はそれぞれに別事で忙しそうで、いくら図々しいおいらでも頼むのは気が引けてしまい…

ということで、メモをスキャナーにかけて、パソコン上で見ながら打ち込みをしすることにしてね。もちろん何をやっても時間のかかるおいらなので、打ち込みは明日にも持ち越しってところなのだけれども、自分にも、明日やれる事があるってことは、喜ばなくてはならないことかなって。

そう思うと楽しくがんばれるかな(^-^)

06.05.26

【彫り話】 

作家、よしもとばななの日記を読みに、週に何度か彼女のホームページへ行っているのだけれども、今日はたまたま日記の他に、Q&Aなんかにも目を通してみたよ。すると、「入れ墨をしているそうですが」の質問に、「右の太ももにバナナを、左肩にオバケのQ太郎を」という彼女の言葉があってね。ついつい身内っぽく「入れたのかい」と、バナナは理解できるけれど、なぜにオバQなのだと驚いちゃったよ。オバQの入れ墨では笑いはとれないような。

入れる事はそれぞれの考えなのだからとやかくは言わないけれども、入れるときには痛いのだろう、そう思っただけで寒気がくるおいらとしては近寄れない世界かな。それと入れ墨を入れた将来が気になってね。だって、張りのある肌だって、いつしかシワシワになるだろうし、もしかしたらブクブクになるかもしれない。萎れかけたバラほど寂しいものはないし、ネズミの入れ墨がゾウさんになってしまったら悲しいもの(オイオイ)

ちょっと想像しすぎたか。

06.05.25

【黒い飲み物】 

時々、無性にコーラを飲んでのどごし爽やかになりたいと思う事があるよ。でも、炭酸の飲み物はお腹をカエルさんにしてしまうので、思うだけにしているのだけれども、別病室の仲間がよくコーラを飲んでいてね。きっとギンギンに冷えたコーラを飲む事が幸せなのだろう、しばらく冷凍に入れておいたコーラをナースに出してもらい、おいしそうに飲んでいる光景を目にすることがあって。そういうので、ついついゴクリと想像ののどごしを楽しんだりしてね。もちろん遠巻きで、仲間のお楽しみのお邪魔にならない程度に(笑)

コーラ、というか、炭酸の飲み物が飲めなくなって、かれこれ15年はたつような気がするけれど、未だに飲みたい気持ちになるのは、単なるおいらのしつこさなのか、ダメの反動なのか…なのだけれども、もちろん飲む事はしないよ。体に気を付けるよい入院だから(汗)

でも、10の願いを叶えてくれるなら、1つくらいコーラにつかってみようかな(笑)

06.05.24

【おかえりなさい】 

電動車椅子がシートカバーをかけてくる旅から帰ってきたよ。1週間ぶりの再会になったのだけれども、かなりの待ち遠しさがあって、なんというか、「もうオマエを離さない」ではないが、抱きしめられるならギュっとしていただろう気分になってね(オイオイ) おいらにとって、電動車椅子がどれだけ大切であるかを、意思通りに動き回れる事の喜びを、身を通して再確認出来たかな。

ということで、見た目は完成ぽくなった電動車椅子のだけれど、まだ電動車椅子の操作系統が残っていてね。操作系統は病院職員である作業療法士の先生が手掛けてくれていて、電動車椅子を「数日あづけてほしい」なんて言っていたので、もう数日ベッドかなと思っていたのだけれども、どうやら、電動車椅子のないおいらの顔がいかにも悲しげだったのか、電動車椅子に乗らない火金の午前などを使って作業をしてくれるようなことを言ってくれてね。もちろん連日作業ではないので進みは遅いであろうけど、入院者の会も忙しくなってきているから、火金の午前などで甘えようかと思っているよ。

なんだか、去年のクリスマスプレゼントになるはずの電動車椅子が年を越し、寒かった冬が終わり春が来て、完成は6月?というかんじだけれど、遅くなっても良い仕上がりになるよう、7月の誕生日プレゼントに完成、そして納品ということにおいらの中ではおこうかな。とりあえず。

06.05.23

【人生相談】 

ベッドにいたので未確認だけれども、芝刈り機の音がしていたので、きっと芝をきれいにカットしてくれたのであろう、おかげさまで涙とくしゃみと鼻水が出ちゃったりして、いまいち物事に集中できないベッドでの生活になっていたよ。

それでも某新聞の人生相談記事にハマり、数ヶ月前にさかのぼり読みあさっていたのだけれど、それにしても、それぞれにいろんな悩みを抱えて、それでも歩みを止めずにがんばっているんだなとしみじみ思ってね。そして相談のアドバイスが実によろしくてね。あたりまか。きつく言うところは言うし、褒めたり、宥めたり、慰めたりのさじ加減が、相談した人にはありがたく感じ、落ち着いたりしするのだろうかな思ったよ。

でも、かなりの数の相談を見たせいか疲れたかも。ちょっとのまれすぎちゃったかなと思いつつ、学ばしてもらったなとも感じたおいらだったよ。なんだか、人生っていくつになって迷い道なんだね。だからある意味辛いけれども、楽しくもあるのかな。

06.05.22

【書くこと】 

友達から「ブログをやめたよ」というメールがきた。書く事がなくなって飽きたからとのことだけれども、たしかはじめたのはゴールデンウイーク中のことだから20日弱のブログ…。「もう少し頑張ろうよ」と先輩として励まそうと思ったけれども、こういうのも趣味の領域で書いていくものだし、無理をしてもなにもならないものだし、友としては「また書く気になったらね」と声をかけるのがいっぱいかなと思ってね。残念だけれども。

そういえば先月だったか、ブログを続ける秘訣みたいな記事を見たのだけれども、「今日は卵を食べた」と書けばいい、要は格好いい事を書くのではなく、何かを書けばば「それだけで立派なブログです」のようなことが書かれてあって、「そうなのだよ」と同感していたばかりでね。というか、おいら的にはさらなるやる気になるものになって、どうしようもないことまで書こうとする野望まで沸いてきて…ふふ。

というか、ここに書くことがおいらの日常だからね。書かなきゃ物足りなくて寝れません(笑)

06.05.21

【返金】 

現金封筒が届いた。何かの応募が当たったかと喜ぶ準備していたのだけれども、送ってきた先を見てちょっとがっかり。だっておいらが利用している、オンラインのレンタルDVDショップからなんだもの。「でも何しにレンタルショップから?」となりながら封にはさみを入れてもらうと、先月あったシステムトラブルのお詫びで、迷惑をかけた数日間の利用金を「お返します」とのことだったのだけれども、あらあら、そういうことで「わざわざと…」みたいな、意外な気分になったね。

去年だったか、某トレンドさんのセキュリティソフトでのトラブルでは、1ヶ月会員延期みたいなことをしてのお詫びだったので、「このレンタルショップだってきっと」というのがおいらにあってね。そのせいか、予想をしていない「許して」に、同情みたいなものまでかんじてしもうたよ。だってこんなひとり1人返していたら、ショップが傾くくらいの損害になるだろうだろうって。

まぁ、そろばんをはじいて延長より返金の方が良かったのか、親会社が某ライブさんだから誠意を見せないと「やばいと思ったのか、そこはどうなのか?だけれども、ちょっといろんな意味での「へぇ〜」だったな。

それにしても返金って、損でも得でもないのに、なぜに、嬉しくなるものなんだろうね(笑)

06.05.20

【何度目かの公募話し】 

傘に関する短歌の公募があって、ここ数日考えていたのだけれども、おいらの日々に傘の場面がないせいか、どうもいい句が浮かばなくてね。それでも1つ2つ作ってはみたのだけれども、納得の“な”もいかないようなお粗末さでどうしようもなくて。それでも募集要項にあった“お1人様5句まで”には過敏に反応して「絶対に5つ出してやるぅ〜」という、負けん気に似た闘争心ぽいものは起きるのだけれども、奮起すれば素敵な句ができるわけでもないしね。ともかく考えよっと。

その傘短歌が終わると、お次は、恋をテーマにした言葉をおくる『恋のショートフレーズコンテスト』なんかに応募しようかと思っているのだけれども、なんだか傘よりきついものがあるかもしれないよね、照れくさいものもあるし。ぜったいにわからないようなペンネームで出すべきだよね。

傘もそうだけれども、とくにに恋を考えるには想像というよりも妄想力がいるのかもしれないね(笑)

06.05.19

【お気に入り言葉】 

夜寝付くのが遅く、朝早く目覚めてしまったせいか、昼過ぎからはうとうとしっぱなしだったおいら。おかげで入院者の会ごとの資料作りはぜんぜん進まなく、土日に持ち越しになるのは確実になったよ。うぅぅ。どうせ土日も1日ベッドにいるのだから、やることができて良かったと言えば良かったのだけれども、資料作りって色気もない地味なお仕事ですからね。でも仕上がって、みんなに見てもらえるというのはけっこうな嬉しさがあって、張り切って作っている気持ちにもなれてね。だからやれているのかなと思ったりもして。

ともかく作らなければ…

さて、今日は言葉の日だったようだよ。単なる語呂合わせの記念日のようだけれども、言葉って大事な表現方法だよね。しかも日本語という素敵な言葉を使えているのだからすごいことだよ。最近おいらが知って、いいなと思ったお気に入りの言葉は、「価値があるから生きるのではなく、生きることに価値がある」なのだけれども、耳にしてなるほどと思い、文字にして感心し、記憶して意味深さがわかったような気がしてね。

ふと、生き方をまた考えてみたりしたよ。

06.05.18

【寝会議】 

電動車椅子は昨日、業者の車に乗せられて作業場へ行ってしまったよ。1週間後にきれいに?かっこよく?なって帰って来てくれることであろうけど、いつもあるものがない、というか電動車椅子はおいらの足だからね。業者の「(電動車椅子を)持っていきます」の声がなんとなく童謡のドナドナを思い出させて、なぜか寂しさみたいのを感じたかな。変だよね(笑)

ということで本日は、寝台の車椅子に乗って職員に押してもらい移動する“会議など生活”をしていたのだけれども、どうも電動車椅子より低く、寝た姿勢近い状態から見る世界はなにか違ってね。いつもよりおしとやかめに仕上がっていたとおいら自信は思ったかな。

それでもマイクを使って会議中に声を出すことがあってね、帰りに、「声の生きが良かったよ」とか、「言い方が良かった」という、いつもは聞かれない評価がちらりとあって、ちょいと嬉しかったりしたのだけれども、もしや寝た姿勢は声を出させて脳を活性しちゃうのかと単純に思ったりして。

いつもにはない評価をされ、「じゃあ・・・」って、いつもはなんなのか?と疑問にならないのがおいら流の評価の受け止め方かなって思うのだけれども、少しは批評を感じろだよね(笑)

06.05.17

【熱話し】 

熱が出て寝込んでいたよ。13日の夕方に寒気がきて、夜に38度に上がってしまったのだけれども、もれなくお腹がポンポンに張るものだから頭にきちゃったよ。「今日はキミ(お腹)の出番じゃないだろ」ってね。もちろん聞いてくれるはずもなく、体の熱さを感じながら、かなりしばらくトイレに入るハメになっていたよ。トホホ

風邪なのかなとも思ったけれども、その日のお昼に出されたかに玉でおもいっきりむせてしまい、かなりゲホゲホしたものだから、その刺激の熱なのかなとも思ったりしてね。というか、熱が下がって元気になってしまうと、もうどうでもいいような気もして。。もちろんむせるには「気を付けなきゃ」とは頭に残ったけれども、深く考えても熱が出るとき出るし、誤って飲み込むことだってたまにはあるものだしね。

なんだか自分を慰めているような…

そういえば熱冷ましの薬が苦かった。そんなに飲む機会がないので気が付かずにいたけれども、何とも言えないザラついた口中に苦みの残る味に、なぜか探していたものが見つかったような「あ、これだ」という感覚があってね。おいらはどっちかというと苦い薬が好みなのだけれども、どうもおいらが思っているようなしびれに似た苦さがなくて、といいつつ「どこかで味わっているんだよな」と思いながら。だから謎が解けた!ではないけれど、熱冷ましの薬を口にしてちょっぴり嬉しいような気持ちになったな。

熱が出て薬を飲んで嬉しくなるのは変だけれどもね(笑)

06.05.16

熱が出たのでお休み
06.05.13〜15

【1週間】 

前に書いた、電動車椅子のシートに布カバーをかけるという話しだけれども、いよいよ来週の16日から1週間をかけて業者の作業場に運んで仕上げることになってね。その間はベッドの暮らしになるのだけれども、大事な会議がいくつか入ってしまい、「この週でお願いします」と業者に言った後悔が自分の中にちらほらと出ていたよ。

もちろんおいら1人のために延期なんてこともできるわけもなく、ここは寝台の手押し車椅子で出席させてもらおうと思ってね。だから今日は、ナースに「人工呼吸器とおいらを寝台車椅子に乗せてね」とか、会議に同席する職員に「送り迎えしてね」とか、同業の仲間に「…ということでよろしく」なんてことをお願いして歩いて、とりあえずこれで安心かなとなったよ。

これで気持ちよく電動車椅子を送り出せるかな?なのだけれども、もし、しびれをきかして、とんでもないことを書き出したら「とうとうきたか」と流してね(笑)

06.05.12

【役員会】 

病棟では朝、熱と脈を測ってもらっているのだけれども、今朝の熱が36度9分あってね。でも、これといって体調に変わりはないし、ぎりぎりセーフというかんじでいつもの暮らしを、いつものように楽しんでいたのだけれども、出先の訓練(リハビリ)作業場に小カバンを忘れて届けてもらったり、電動車椅子の電源表示が“要充電”と点滅しているのに気が付かなくて周りに指摘されたりと、ちょっとぬけたことをしていてね。ウーンと自分に呆れ気味だったよ。

そんなおいらだけれども、知っての通り(?)やるときにはしっかりやるってかんじで、午後の病棟役員会を進めてきてね。まあ、4人の集まりということもあって、内容はお堅くても気楽に言えるような雰囲気だったので、進めやすかったというのもあったけれども、おいらにしてはハナマルしたワ。

でもね、終わりが5分、10分、15分とおいらの絶妙な蛇足話で延びていき、役員もきっとかなりきつかったのだろう、その反動か、おいらが「これで終わりましょう…」と言いかけると、いきなり声をそろえた体育会系ぽい「おわります!」と同時に蜘蛛の子が散るようにその場を離れていってね。「おいおい」と思いつつ、「若いねぇ〜」とも思っちゃったよ。

それにしても残念だ、おいらとしては会議の後の、それぞれが「やれやれ」と気がぬけた時のおしゃべりが楽しみなのに。

06.05.11

【シャワー装置体験】 

昨日予告したように、カプセル人洗い機を体験してきたよ。ちゃんとした名称は介護用シャワー入浴装置というそうで、おいらが使ったのは寝台で横になって入る、ストレッチャー式のシャワー入浴装置でね、、なんというか、普段体をこすって洗う、浴槽につかるというのが習慣のせいか、どうも「風呂にはいった」ではない軽さを感じたよ。

でもね、細かなシャワーが全身にあたり、ぽかぽかと温かくなってきて、気がつけば数分で洗浄されていたってかんじでね。そう考えると、例えば病み上がりで風呂に入るまで体力がない時に使うとか、人工呼吸器を付けたままで入ることができるとか、肌か弱くてシャワー浴が好ましいとか、風呂日以外にダダをこねて入れてもらうとか、まあ、いろいろな使いができるのかなと思ってね。

つい最近まで、風呂に入られないと、頭がすっぽり入るカメの付いた洗髪車をガラガラとベッド元へ運び髪を洗い、温タオルで体をふいてもらうような光景があったけれども、これからは「はい、シャワー装置に入ろうね」っていうようになるのかもなっ。

なんだか寂しいような、理想的なような。

『介護用シャワー入浴装置』

06.05.10

【おふろ】 

今日は1週間ぶりの風呂だったよ。休みの日が続いたので、もれなく風呂も休みになったのだけども、風呂上がりはひと皮むけたようなさっぱり感があって、とっても気分良くてね。やっぱりお風呂はいいものだと、毎日、いや、1日おきとかいうワガママを頭に浮かべてはみたのだけれども、現実は一番人手のいることだからね。だから風呂日である火金の職員の大忙しさを思うと、「たまには休みいいか」でおさめちゃったりして、おいらってちょっと優等生過ぎるかな。ふふ

そんな時折、なにやらカプセルぽいものの中に入って体を洗う、自動人洗い機?のようなもののモニターを職員に頼まれてね。物珍しさと風呂に入れる喜びの下心を秘めて「わかりました」と二つ返事をしたのだけれども、よくよく考えてみると、たくさんの人たちが見守る中、おいらの入浴ショーがはじまるってことだよな^^;

たいていこういうミセモノは水着のおねえさんが付き物かと思うのだけれども、おいらでギャラリーが減ったりしたらどうしようだよなぁ〜

カプセル入浴ショーはあした。もう、だめもとでいくしかないな(笑)

06.05.09

【見えない郵便物】 

郵便物を廊下にある入院者用のポストに投函するため、電動車椅子に乗ったとき、膝の上にのせたおいら。レンタルDVDの入った返却封なのだけれども、別用で動き回っていたら郵便物の存在をすっかり忘れ、しかもそのあと廊下うろついてポストと何度もすれちがったりしているのにもかかわらず、平気で病棟に戻ってベッドで横になろうとしていていたよ。ベッドに移る介助の順番待ちの電動車椅子で、「何を借りたの?」という仲間の目線がおいらの膝の上にあって、ようやく「あっ」と気がつくのだから、おいらって何やっているんだろうね。

おいらの場合、自力で頷くような頭の動きもできないので、電動車椅子に乗って入るときも、目の真下となる自分の体手足は全く見えない死角なもので、感覚勝負と言えば大げさかもしれないかもしれないけれど、あとは人に教えてもらうか、等身が映るような鏡でチェックするしかなくて。まぁ、不便と言ってしまえばそれまでだけれども、長年それで過ごすているから、どおってことないと言えるかな。

だから電動車椅子の操作も、パソコンの操作も全く手を見ずにやれてたりしちゃって、ある意味すごいと思うけれども、「あ、封がのっかっている!」くらいの敏感さがあればもう少しは良かったかなと思う、今日なのでしたぁ〜

06.05.08

【あした】 

長かった(?)ゴールデンウイークも終わり、明日からまたいつもの日々がはじまるね。明日を思うとため息が出てしまう人もいるだろうけれども、おいら的には休みの終わりの寂しさよりも明日からが楽しみだったりしてね。人の賑やかさと、やることがあるっていうことがそういう気持ちにさせるのだけれども、けして休みの日がいらないっていうことではないので誤解のないように。

昨日も今日も青空が広がり陽の当たるところはあたたかだったので、外に出ている入院者もいたのだけれども、おいらにはまだちょっと無理っぽいものがあって廊下のうろつきで押さえていたよ。話しの相手をしてくれる仲間もいたので、廊下の晴れた窓を眺めながら、「つまらないよな」といいつつ、けっこうおしゃべりが楽しかったりしてね。

やっぱりおいらの外でのおしゃべりは6月くらいだろうなぁ〜

06.05.07

【栄養の味】 

治療として、高カロリーの栄養ムースを毎日食べているお隣さん。甘いバニラの味がするそうで、はじめは「おいしい、おいしい」と連発していたので「良かったな」と思っていたのだけれども、10日たち、20日たち、ひと月たったころにはそんな言葉はまったく聞かれなくなり、おいらもお隣さんも食事はベッドで横になって食べているので、お隣さんの食べている姿は見えないものの、無理して、我慢して、頑張って食べているオーラを感じちゃって。

このごろでは、食事に出されてきた果物(缶詰)のペースト状をムースにかけて食べているけれども、毎日食べていたら「飽きてしまうよな」と同情する気持ちもあるのだけれども、治療として、元気で過ごせるためのムースだからと、応援することしかできなくてね。

おいらは高カロリーの栄養飲料を毎食後に飲んでいるのだけれども、とりあえず飽きずに飲むことができていてね。これにはイチゴ味と抹茶味があって、かろうじて好みを選ぶことはできるのだけれども、こういうのって、1回、2回のことではなくて、毎日長年のことになるのだから、もっとおいしく、いろんな味があって飽きない、要は飲んでいて、食べていて、楽しくて、嬉しくなるのが望みなのだよね。

高栄養に「まずい、もう一杯」はごめんだね。

06.05.06

【あいだがら】 

昨日のことだけれども、いとこのUちゃんが小学生の子供2人と遊びに来てくれた。普段からメールのやりとりをしていることもあって「久しぶり」という気持ちにはあまりならないのだけれども、よくよく考えてみたら5年ぶりくらいの再会で。子供達のアニメやゲームの話しにはちょっとついていけなくて「ごめん」だったけれども、電動車椅子や人工呼吸器にも興味を持ってもらえたし、Uちゃんともいろいろおしゃべりができたりで、嬉し楽しのひと時を過ごさせてもらったよ。ありがとうね。

いとこ達を「バイバイ」と見送って病棟に戻ると、いつもよく「誰?誰?」とあいだがらを聞きたがる人々がいるもので、たぶん今回もと言葉を用意している気持ちでいたのだけれども、なぜか全く聞いてくるような気配がなくて、ちょっと拍子抜けしてしまったかな。

結局のところ、どことなく似てたし、子連れだから親戚と、周りは勝手に判断したらしいのだけれども、そうとも限らない場合だってあるかもしれないのにね。例えば友達とか、同級生とか、それとか子供達と仲良しで母親は引率ってこともあるし、考えようによっては彼女が子供を連れて来たっていうシーンだったのかもしれないよね(オイオイ)

想像は大きく持たないと。 …なんのことじゃ(笑)

06.05.05

【占いでも】 

ゴールデンウイークの占いで、「仕事してください」といわれたおいら。質問に仕事はある、お金はない、恋人はいないなんて答えているのだから、そういう結果になってもおかしくはないのだけれども、「頑張ってね」のひとことくらいあってもいいのになと、占いに文句をつけてみたりして。

事実、8日までには仕上げでおかなければならない入院者の会ごとの資料作りがあって、明日あたりはまじめに頑張っちゃおうとは思っているのだけれども、どうもネットでの調べものをしていて、いつしか遊びのネットになっているのがこのごろのモンダイでね。テレビを見ながらの仕事には克服することができたのだけれどもなっ。

そうそう、昨日のScribbleに書いた「スズメを見ていない」のことだけれども、願い(?)が通じたのか、朝、ススメが姿を現してくれてね。しかもご夫婦なのか、2羽仲良く芝の中を動き回っているもので、「みせつけてくれるじゃないか」と思いながら嬉しくなっていたのだけれども、Scribbleに書くと叶うのかにもニヤリしてね。

ということで今回は、BBSにもあったウグイス、そしてカッコウに「ぜんぜん会っていないな」って書いておこう(笑)

『GW占い』

06.05.04

【タンポポとか、スズメとか、】 

病棟の窓から、1番目に咲いたタンポポをみつけたよ。みつけるなり思わず“よく咲いたね”をこめた「おお〜」の声を出していたのだけれども、恥ずかし屋(?)のおいらだけに、誰かに聞かれたのではと、辺りを見回してみたりしてね。なんだか毎年、1番目のタンポポをみつけるのが密かな喜びになっていると、書いているような気がするのだけれども、おいらからの春のおすそ分けはこれくらいしかできないからね。「また今年もか」と思って読んでやってくだされ。

タンポポを見ていて「そういえば」と気が付いたのだけれども、このごろスズメのお姿を見ていないかもしれないよ。というか、病棟と病棟の間の芝に美味しいものもないだろうし、仮にあったとしてもおいらみたいなのにみつめられていたら食べにくいだろうしね。

北海道、というか、道央の旭川や札幌方面ではこの冬、原因不明でたくさんのスズメが死んじゃったようだけれども、それが今頃こっちの道南にきたってことはないと思いたいが、どうなの?スズメさん。

「そういえば」ついでに言えば、カラスもキツネなんかもご無沙汰なのだけれども、みんなどこへ行ったの?より、単純においらが病院の廊下すら出歩いていないってことなのかも。なんだかひんやりして、まだうろつくまでの勇気が出ないのだよねぇ。

06.05.03

【謎の彗星】 

シュバスマン・ワハマン第三彗星というのが地球に接近しているそうだね。友達が天文台に行って順番待ちをして観てきたそうなのだけれども、残念なことに雲に邪魔されてよくわからず、おまけに記念に写メしようと携帯のレンズを双眼鏡にあてたら注意されたりで、「何しに行ったのかわからないよ」だったみたい。

話しによるとこの彗星は、16年ごとに地球に接近しているのに、50年くらい行方不明になっていたんだってね。しかも分裂を繰り返しているのに光り放っているというではありませんか。なので“謎の彗星”と呼ばれているそうなんだけれども、そこまで聞いたらちょっと観たくなるよね。

だからちょっとだけネットで調べてみたけれど、どうもあの写真じゃロマンスは語れないと思ったね。やはり動きがあるN●Hにおまかせかもなぁ。

ところで彗星は流れ星には入るのだろうか?ならば願い事するのだけれも。けっこう近いからかなりのワガママでも受け付けてくれたりしてね(笑)

06.05.02

【鼻の痛み】 

今日から5月だね。朝、五月晴れって言葉もあるだけに、「心も晴れさせていましょうか」なんていう、今月の決意っぽいことを頭に浮かべてみたのだけれども、あいにく天気は曇りのひんやりで、なんだかおいらだけ張り切っているような、「ちょっと浮かれすぎ?」の寂しさを感じたね。

東京などでは30℃くらいになったというのに、ここ八雲は11℃だもの。なんだか、5月の違いをものすごく感じるはじまりだね。

さて、

昨日あたりから鼻マスクの鼻穴に入れる部分が鼻に当たっていて、「痛いな」と気になっていながらもそのままにたのだけれども、今日、鼻マスクを外してみてもらうと、どうも傷ついていたらしく、乾いた血が鼻マスクについていたよ。

「ありゃ」となりながらも外しっぱなしにはできないので、少し位置をずらしてまた鼻マスクを付けたワケなのだけれども、痛みの原因、しかも血が出ていたとわかって痛みが倍増した気がして、今頃顔をしかめてみたりしてね。おいらってけっこうな役者かもなんて思ったよ。

とりあえず傷も小さいし、少し位置をずらして鼻マスクを付けていれば治るであろうと思うのだけれども、そもそも「痛いな」となった時に行動すべきものなのに、どうしてできないのか。ちょっと面倒くさがりにもほどがあるよね。というかおいらの場合、鈍感と言うべきなのかな。気をつけなければ。

06.05.01