2006年8月

【報告封書】 

俳句や川柳なんかの公募には、かなりの数に応募しているおいら。もちろん結果は惨敗なのだけれども、たいていそういう結果報告は、メールで送られてくるか、主催のホームページ上で入選の発表を見てわかることになるのが多くて、それがおいらの中では普通となっているよ。

ところが、とある公募先から封書で結果が送られてきてね。しばらくないことに、いやでも少しは期待感が高まったのだけれども、やはり予想の過半数通り、残念報告でありましたワ。1万件の応募から入選が100だもの、選ばれない方があたりまえの結果ともいえるでしょう。

それにしてもご丁寧に封書で残念報告をしてくれるとはね。しかも1万件に出しているわけだから。

むか〜し、むかし、高校生から数年間にも公募にハマり、その頃はエッセイや小論だったのだけれども、書いた原稿用紙を封に入れて送り、数週間後に結果が封書で届く。封の薄さでだめなことがわかっているのにハサミで封を開けるまでドキドキしてみたりして。そういう時代もありましたな。

それを振り返ると、今のような気軽にさも、それはそれで楽しいのだけれども、ちょっとした手間がより楽しさを膨らませていたような、そんなことを思っちゃったよ。

06.08.31

【気になること】 

どこかの看護学校から、たくさんの学生たちが見学に来ていたよ。見学は珍しいことではないので「こんにちは〜」っていうところのだけれども、どうもこういう若者たちが来ると思うのが、ここを、おいらたちを、どういう気持ちで見ているのだろうなってことでね。看護の勉強をしているとはいえ、それほどいろんな病院を見ているわけでもないだろし、ましては療養の病院なんてはじめてだろうに。

きっと良くも悪くも、自分の描いているようなイメージとの違いは大きいのかなと思ったりしてね。

だからといって着飾ることなく、見学なのだからありのままを「こんなかんじだよ」って見てもらっているのだけれども、それにしても「食べ物は何が好きですか?」「好きな芸能人は?」「好きなテレビ番組は?」という質問をしてくるのは昔から変わらないのだよね^^;

どうせなら「好きな人は?」まで聞きなさいってかんじだよね(笑)

06.08.30

【花作り】 

俳句に添えるアジサイの挿絵を描いてみたのだけれども、今回は思ったより見れるアジサイができてね。今回というのも、これまで何度かアジサイ描きには挑戦をしていて、納得がいかないというよりも、人様に見せて病院送りになるのではないかと心配になって封印してきていたのだけれども、絵手紙にあるような単純さを意識してみると、なんとなくなアジサイができてきたのだよ。

とりあえず、いきなり3人のナースに絵を見てもらっても、3人とも「アジサイ」という言葉しか出てこなかったので、おいらには大満足ってとこかな。みなさんにもなんとなくなアジサイを見て笑ってもらいたいところだけれども、出すところが未発表に限るようなのでごめんなさいさせてね。

ちなみにアジサイの他に、タンポポ、ヒマワリ、アサガオ、コスモスも描くつもりでいるのだけれども、アジサイのように小さな花をたくさんくっつけてひとつにするわけにいかないからな〜 まっ、挿絵は目立たず、小さすぎず、雑すぎずというのがいいのかなと勝手に思っているので、なんとなくで描こうとっと。

いつの間にかなんとなくではなく、なんちゃての花になっていたりして^^;

06.08.29

【思い出せないこと】 

今日の占いに、「昨日見た夢を思い出してみましょう」というのがあってね。「何だったろう?」とちょっぴり頭を使って夢を思い出してみようとそれなりの努力はしてみたのだけれども、昨日の晩ご飯に何を食べたかもあやふやなおいらに、「わかるはずがない!」ってかんじでね。

というか、思い出してみて、どうなるのかがとても気になるところだよ。わー、思い出せたんだね、「おめでとう」で終わるようなことならば、たかが占いであっても腹が立つよね。まぁ、思い出せない身分のおいらでは文句も言えないけれども(笑)

思い出せないことがもう1つ。。

病院に新型のスイッチを開発をしているという研究人が何度か来ていて、そのたびにおいらもモニターをしていて、おしゃべりもしているのだけれども、なぜか名前が「?」になっていてね。もちろん初対面の時には互いに名を名乗ったはずなのに、ノドまではわかっているはずなのに、それでも名前が出てこないんだこれが^^;

だから今日も新型スイッチの問題点を解決して来ていたのだけれども、おいらの問題の方は解決せずってかんじでね。まさか今さら「お名前は?」という勇気もおいらにはなく、持ち物に名前が書かれていないかあちこち目で探すおいらだったよ。

やはり持ち物には名前をしっかり書くべきだよね(苦笑)

06.08.28

【秋一番先】 

病院の廊下からコスモスが咲いているのが見えるよ。花壇に咲いているわけでもなく、誰かに相手されるような場所に咲いているコスモスたちなので、「今年も咲いてくれたんだね」と声でもかけてあげたくなってね。電動車椅子に乗って、ちらり眺めるのがこの頃の楽しみでもあるのだけれども、なんだか風に揺れてちょっと寂しそうにも感じてしまうのだよ。きっと秋をイメージさせる花だからかなぁ〜

そういえばここ2、3日の朝方はヒンヤリしてね。窓が開いていたら風邪引きさん行きかなと、窓を閉めてもらい、それだけでは物足りなく布団まで掛けてもらうことまでしてもらっているのだけれども、まだ周りには布団はあり得ないことらしくて、「(布団を)かけるの?」って驚かれているよ。おいら的には丁度良くなるのに。

なんだか澄んだ青空も秋色にも見えてきたし、おいらの中ではもう秋と言うしかないね。

06.08.27

【母音分析】 

『名前の末尾母音でわかる性格分析』という記事をみたのだけれども、それによると、母音が“e”で終わる名前のおいらは、頑張り屋、努力家が多くて、恋愛に溺れるより、仕事や趣味に没頭する傾向が強いんだって。それならなんだか家庭は妻任せの仕事人間ぽくて、「なんだそれ」と嫌なイメージを持ってしまい、おいらは違うと思っていたら、やっぱり違っていたのだよ。だって母音が“e”で終わるのは“たけ”の時で、本当は“i”で終わる名前の人だものね。

いやはや、なんという勘違いをしているのか…(恥)

気を取り直して!

母音が“i”で終わる名前のおいらは、竹を割ったような爽やかで率直な性格の人なんだそうだって。合っているか合っていないかはともかくとして、竹(たけ)で例えられていたのがちょっと笑えてね。「これはホンモノだ」と思えたのだよ(笑)

その他の母音を載せてみると下のようになるんだけれども、みなさんはどうなるかな?お遊びにどうぞ。

・母音が“a”で終わる名前の人は、恋愛においてもキツイ性格で芯の強い性格の人が多い。

・母音が“u”で終わる名前の人は、根暗な性格だったり、恋愛感情を表に出さないクールな性格の人が多い。

・母音が“o”で終わる名前の人は、優しく癒し系の人物が多い。

06.08.26

【8惑星】 

あちこちでネタにされているようだけれども、冥王星が惑星から除外されたそうだね。これで太陽系の惑星が水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個となったようだけれども、素人目には「ついこの間まで12個にするようなことを言っておいて…」のような早変わりに、人の勝手さというか、都合で決めているよなって、ちょっと思えてしまってね。というか冥王星に情があるわけではないけれども、なんとなくこれまで覚えていたものを「違います」とでも言われたように感じて、今までは「なに?」のような気分になのだよ。

きっと除外という言葉が悪いのかもしれないね。ならば降格?なんだかプロ野球でいう、2軍落ちにも思えてきたな^^;

朝のテレビで、どこかのえらい天文学者が惑星の定義が説明しやすくなったと、やたらにシンプルという言葉を使って今回のことを褒めていたけれども、教科書はもちろんのこと、百科事典やあちこちの星本の書き換えはたいへんだろうね。そしてね、そのうち9個覚え世代とか、8個覚え世代とか、年齢分けチェックのネタに使われるようになって、口がすべって9個言っちゃって、「いやぁ〜ぃ、じじいぁ〜」って笑われる日がくると思うのだよ。やばぁ

これから頑張って冥王星のことを忘れる努力をするべきかもね(笑)

それにしても太陽系は、惑星の数が少なくてよかったよ。これが50個とか、100個とかもあったなら覚えきれないもの。そしてテストで「惑星を全て書きなさい」が出た日には、即座に諦めるしかないかもね(^^;)

06.08.25

【キャップの行き先】 

先週から行方不明になっていたシェーバーのキャップ。

あちこち探してもらっても見つからないし、無くても使えるから「いいや」くらいに思っていたのだけれども、仲間の口から出てくる「不潔になりやすいよねぇ」「刃がだめになりやすいかも」「剃りヒゲが出てきたりして」などのオドシ(?)に、「たしかに」となりはじめてきてね。

とりあえずシェーバーを買ったお店に問い合わせてみると、送料の方が「高いですよ」みたいなことと、紛失は「補償対象になりません」のような、予想通りの言葉が返ってきてね。もちろんそんなことは「わかってる!」と言いたいところではあったけれども、そこはおいらのこと、「そうですかぁ」と語尾を下げたりする言葉で返してみたのだけれども、やはり何の効果もなくてつまらなくてね(笑)

「振り込みされましたらお送りします」とお店に言われたのだけれども、まだおいらは振り込みをしてきてもらうように誰にもお願いをしていなくてね。だからその時は「後日あらためまして」としたのだけれども、それがが運のツキになったのか、その後、というか今日、キャップが見つかったのだよね。

でも、そんなところでシェーバーを使った覚えのないところにあったのだよねぇ〜

どこかというと、お風呂場なのだけれども、お風呂ではいつもT字のカミソリでジョリジョリしてもらっているから、シェーバーを風呂場に連れて行くことはないのだよ。よく、探し物ってとんでもないところから出てくると言うけれども、どうせならもっと楽しいところに行くべきだよね。それともキャップは風呂好きだとか?まぁ、シェーバーは水洗い禁でもキャップには問題ないものな〜

それにしても黙って旅に出ておいて、お土産のひとつもなく帰ってくるのは許せないよな(笑)

06.08.24

【アラーム】 

時間を大切に使うため… というほどのことでもないのだけれども、いつも持ち歩く小カバンに付けている腕時計の電池交換ついでに、アラームを1時間ごとにピピッっと一度だけ鳴るようにしてもらったおいら。学校のチャイムではないけれど、ピピッが鳴ることによって、なんだか日々のやることの切り替えができるような気がして、わりとよかったりしているのだよ。

なのだけれども、なぜかお昼の12時だけが30秒くらいピピッが鳴り続けるものだから、けっこう周りから注目されているような気がするよ。部屋の仲間達は毎日なことなので平然であるというか、「おっ、12時か」みたいな利用をしてしくれているようなのだけれども、ナースなどは「なに?なに?」ってかんじに事態がつかめない雰囲気でいたりすので、その都度説明を入れるありさま。

で、今日もひとりのナースにアラーム説明をしたワケなのだけれども、ナースみんなに伝わるのはまだまだ先のことかもね。なんたって病棟に30人くらいおりますもの… というか、その前に医療機器のアラームと思うから「やめなさい!」を言われたりして^^;

やっぱり誰からも驚かれないのは、鳩時計のポップゥポップゥかねぇ〜

06.08.23

【知らせのハガキ】 

先週あたりから友達Mちゃんからの携帯メールが、送られて届くのだけれども、おいらから送っても戻ってくるいという状態だったので、ハガキでそのことを知らせたおいら。それも4月に引っ越したばかりで、というかメールで連絡取り合えるから「いいや」という感覚でいたので住所も知らず、いたしかなく実家に送らせてもらったのだけれども、実家という言葉の響きが緊張をさせるのか、いつにない丁寧な文面になっていたような気がしてね(笑)

ハガキは実家から本人に届けられたようで、お昼にようやくメールのやりとりができるようになれたのだけれども、やはり携帯の設定をいじった時に、あやまってパソコンからのメールを全て受け付けないようになっちゃってたらしくてね。おいらの予想通りってかんじだったのだよ。ハガキ作戦、成功!

というか、以前にも他の友達とこのようなことになったことあったから「たぶんそうかな?」と思っただけなのだれども、初めの頃は送っても戻ってくるいことに「嫌われたか」と決めつけて、がっかりしたこともあったりしてね^^;

ハガキなんて年賀状ぐらいしか何年も扱っていないようなおいらだけれども、ここぞの時は「この手だな」と思えたね。まぁおいらの場合、それでも手書きではないけども(苦笑)

おいらだけかもしれないけれども、なんだか手書きの文って心にくるんだよねぇ〜

06.08.22

【感動野球】 

夏の甲子園は早実の初優勝で終わったね。おめでとう!北海道人としては駒大苫小牧の3連覇を見たかった気持ちはあったけれども、今日の試合もよくがんばってくれましたよ。

おいらはちょうど用がない日だったので、電動車椅子に乗ってあちこちの病室をはしごしながらテレビ観戦していたのだけれども、駒苫の田中、早実の斉藤のピッチングを一球一球見守るようなかんじになっていたよ。野球音痴のおいらをそこまでにさせるとは・・・。

ハナシによると早実の斎藤は、しっかりアイロンされたハンカチで汗を拭くとかで、“ハンカチプリンス”ともいわれているそうだけれども、昨日も、そして今日もちらりとハンカチを見せていたよね。

どうもおいらには、野球の汗はタオルで拭くようなイメージがあって、さすが都会の球児というか、なぜか古マンガの巨人の星にいた花形みつるを浮かべてしまってね。だから勝手にオボッチャマにしていたのだけれども、きっと彼はプロ入りするのだろうな。

それでもって駒苫の田中もプロに入って2人は宿命のライバルになると。。

今日の感動で、ちょっと想像がすぎているね(苦笑)

06.08.21

【熱戦疲れ】 

今日の駒大苫小牧−早実の決勝はものすごい投手戦だったね。北海道ひいきに観戦していたおいらだけれども、あそこまでの全力を見せられたら、どちらにも優勝させてあげたい気持ちになるよ。あの球児たちの汗は素敵だぁねぇ〜

明日の再試合はどうなるだろうかな。。。

というか、いろんな事情はあるだろうけど、おいら的には1日くらいお休みをあげたっていいように思うのだよね。球児たちの体力は限界にあるだろうし、なんだかもう実力うんぬんというとよりも、気力が途切れた方が負けのような、そのように思えてくるのだよ。

それに応援する方も疲れてくるしね(オイオイ)

なんだか今日で最後と頑張りすぎたせいか、明日はおいらも気力勝負の応援になりそうなんだよね(笑)

06.08.20

【だらだら下手】 

今朝は頭痛で目が覚めたよ。またかよと思いつつナースに頭痛薬を飲ませてもらい、寝ていたばかりだというのにまた眠りについたのだけれども、今回はわりと素直な頭痛だったので、ひと寝で治ってしまってね。おかげで気になる駒大苫小牧の試合もフルに応援できたりして、とりあえずは良かったなというかんじかな。

そのようなわけで、午後からも特に何もせずにだらだらとベッドで過ごしていたのだけれども、いつもならば電動車椅子に乗っている時間帯にベッドにいることが、なんだかもったいないような気がしてね。何人かが様子を見に顔を出してくれたりして、ありがとうだったのだけれども、やっぱり病人はつまらないものだということがわかってね(笑)

というか、おいらはだらだらすることがヘタなんだろうね。だらけていたいと思いつつも何かをしていないと、考えていないと、落ち着かないタイプなのかなって。

そういえば友達とのメールで、おいらがもし体が元気だったならば、たぶんじっとしていられなくて「貧乏揺すりをしているかもね(笑)」みたいなことを最近言われたのだけれども、ちょっとそれにはなりたくはないと思ったね。というか、貧乏揺すりという言葉を久々に聞いたようにかんじたよ。

まっ、今日は早めに寝よっと。

06.08.19

【ズル休み計画】 

病棟では家族のところに一時帰省している仲間達が戻りはじめてきていて、この週末がピークなのかなと、また賑やかな病棟になるなぁと思ったりしているのだけれども、それと同時に「夏休みも終わりかぁ〜」みたいな気分になってきてね。現実、入院者の会の会議が明後日の日曜から入っていて、仕事再開みたいなかんじなのだよ。

仲間とのおしゃべりで、日曜日は高校野球の決勝があるから「会議は休もう」なんていう、かなりふざけたたくらみを考えてはみたのだけれども、高校野球の決勝って午後からなんだってね。会議は午前なので何ら影響がないってことなのだよ。ならばと、心の準備とか言って「休むのがいいかもよ」なんて思ってはみたけれども、そもそも野球音痴のおいらが野球を理由に休もうとすること事態、あやしいというよりも、あくどいことだよね^^;

もちろんそのようなことは、するわけもない全くの冗談ではあるけれど、まじめにこんなので「休んでいいよ」と言われた日には、逆に戸惑ってしまうように思うのだよ。これでもおいらは小心だからね(笑)

06.08.18

【ピカピカ病室】 

今日は毎年恒例の業者によるワックスかけ日!

といっても、病棟の廊下は8月はじめにピカピカにしてもらっているので、今日は第2弾の病室をかける日だのだけれども、今年はいつもよりかなり念入りにするとかで、業者からの「入ってもいいですよ」みたいな、ワックス終了声がなかなかかからなくて、その間、隣の病室で夕食を済ませるような状態になり、もちろんおいらの視界にはテレビもなんにもなくて、天壁の白模様だけを見るベッド暮らしになっていたのだよ

そのようなわけで、とりあえずいつものおいらのビューティフルベッドライフぽく戻れたのも、夕方くらいのさっきなものでね。だからか気分はまだワタワタしたせかしない感じがして、Scribbleも荒書きになっているかもしれないのだよ^^;

なんだか、ベッドにただいたおいらが落ち着かないというのも変だけれども、とりあえず頭の中では業者や病棟職員の中に入ってワックスかけに労働したつもりなので、そこのところの誤解はなさらないようにね(笑)

06.08.17

【投資とウイルス】 

このごろ「投資信託をしてみないか?」というかんじのうさんくさいメールが入ってきて迷惑しているのだけれども、外泊していた数日間で20件くらいになっていたから驚きものでね。相手にしたらとんでもないことになるだろうからそのままにしておいているのだけれども、それにしてもおいらに投資の話を持ちかけてどうするつもりなんだろうね。してくれるっていうなら考えてもいいけれども、いったいおいらの何にするのかが疑問。というか、これぞまさしく投げる資産だね(笑)

そういえばマイクロソフトが、ウイルスを防御するソフトの無料提供をするという記事を見つけたけれども、そうなるとこれまで更新料を払ってきたウイルス対策ソフトにさよならできるのかと期待してしまうのだよね。でもそれだとウイルス対策で稼いでいた人たちが困っちゃって、さらなる新種ができちゃったりして、結局は無料なら不安になって、また対策ソフトを買うことになると思うのだよ。きっとね。

まっ、どこにもアマくてオイしいハナシは転がっているはずがないってところかな。

つまんないの(笑)

06.08.16

【甲子園話】 

今日の午前にあった高校野球。もちろん駒大苫小牧の試合のことだけれども、ハラハラしすぎる展開に見ているのも辛かったよ。頑張っている選手には申し訳ないけれど、6点差をつけられた時にはもうだめかと思っちゃっててね。それがそれがおいらがお風呂に入っている間に8−8の同点になり、ホームランで9−9、そしてサヨナラ勝ちしちゃうのだからすごいものだよ。

でもなんだかおいらが見ていないと勝てるようなかんじで、次回は観戦していいものなのか?なのだけれども、そう言いつつも必ず見てしまうんだなこれが。とりあえずそういう時だけ北海道人ですから(笑)

職員が今日の試合が見たかったらしく、夜中に再放送されること願っていたけれども、きっと優勝でもしない限りローカルでもそういうのは無理だろうなと思ってね。というかおいら的にスポーツのダイジェストは見れるのだけれども、そのままを流すような再放送はじれったさを感じるのだよ。結果がわかっちゃっているからね。それでも見るっていうのは課程を楽しみたいのであろうな〜

ともかく駒大苫小牧、がんばってくれい。

06.08.15

【電動車椅子持ち】 

みなさん、ただいまです。日差しがギンギンに照りつけることもない、薄曇りで丁度いい感じの天気だったので、のんびりとそこらを散歩なんかをして楽しんでくることができたよ。

本当ならば、買い物なんかも楽しんでくるはずだったのだけども、車にリフトが付いて車椅子の乗降ができる福祉タクシーが、行き先でリフトが故障しちゃったものだから、車から降りられなくなってしまってね。タクシー無線で応援を頼んで総勢7人くらいが来たのかな、30分くらいあちこちいじっていたようだけれども無理らしく、仕方なく引き帰って電動車椅子を人力で降ろすことになってね。だから数台のタクシーを引き連れて、外泊場の病院近くの宿泊所に戻ったのだよ。。

電動車椅子を車から降ろすといっても、だいたい150キロはある重さではあるし、しかもそれに人工呼吸器とおいらが座っちゃっているわけだから、たくさんの大人の力とはいえかなり大変なことだったと思うけれども、体が揺れるようなこともなく、怖い思いせずに降ろしてもらえることができてね。タクシーの人たちからも一安心の笑みが見えたけれども、おいらもホッとしたな。

「すみませんでした」と代わる代わる謝られ、たしかに買い物は残念だったけれども、電動車椅子ごと担がれるってことは普段にはありえないことだからね。そう考えると得したってことなのかなって思ったりするのだけれども、それって変かなぁ〜(笑)

ちなみに写真は、のんびりと散歩をしていた途中で見かけたワンちゃん。はじめはおいらの電動車椅子姿にびっくりしたのか、じ〜っとにらんでいたのだけれども、しばらくして悪者ではないとわかったのかシッポをふりはじめてね。ちょっと嬉しかったので紹介するね。



まったく吠えない犬だったよ

06.08.14

夏休みのためお休み
06.08.10〜06.08.13

【読み聞かせ】 

体力的なことでベッドから離れられない病室のお隣さんに、時々保育士さんが本の読み聞かせをしてあげていてね。なので盗み聞きではなく、聞き耳を立てて一緒に聞かせてもらっているおいらなのだけれども、ここ何ヶ月かは口絵詩人家である星野富弘の詩を読んでいることが多くて、感銘を受けているおいらなのだよ。

というか、この年になったからなのか、彼のコトバが心に入ってくるような気がしてね。もちろんこれまでにも何度か彼の詩にふれ、「なるほどな」という気持ちになっていたのだけれども、その頃のおいらの心は若すぎていたのだろうか、聞き覚えのある詩でさえ、今また聞くと意味深さを感じて染みてくるのだよ。

そのようなこともあって、読み聞かせをする日には早めに電動車椅子から降りてベッドに戻るようなことをしているのだけれども、たまに知らされずに読んでいることがあって「教えてよなぁ」ってふくれた思いになるけれど、誰のための読み聞かせだ!ってかんじだよね(笑)

今日も午前に読み聞かせがあって、星野詩に酔いしれていたけれど、ほんとよく心惹かれさせる絵と詩をかけるよね。それでも彼は自ら「欠けている絵や詩だ」と言い、そして、だから「味わいがあるのかも」とも言えちゃうところがすごいよなぁ〜

さて、

お知らせしたように、明日10日から13日まで夏休みをするよ。家族が来てくれるので、いつものように病院近くの宿泊所に泊まってくるんだけれども、天気が良ければいいな〜と思ってね。雨男まではいかないまでも、なんだかおいらが出かけるとなるといまいちな天気になっているような気がするんだよね。週間の天気予報を見ると今回も曇り空が多いようだし^^;

ともかく楽しんでくるよ(^-^)

06.08.09

【年齢書きで】 

今日は暑い日だったよ。おいらの病棟は冷風が入るのだけれども、それでも温度計は28℃をさしていてね。だからあちこちから「暑い」の声が聞こえていたし、おいらもベッドで露出度の高い格好で暑さを感じながら過ごすことになって、もう夏満足ってところでしたよ。

その暑さのせいだろう、おいらはそう思いたい、ちょっとしたドジなことをやってしまってね…

年齢を書かなくてはならないだいじな書類に、誕生日を迎える前の年を書いてしまったのだよ。知っての通りおいらは先月誕生日だったので、代筆の職員に訂正の二線を引いてもらって書き直しをしてもらったんだけれども、自分の年を間違えるなんてありえないよね^^;

なんだか自分に「何やっているだろう」というかんじだったけれども、それでも、どうせならもっと若く言っておけばよかったかなとも思うおいらって、やっぱり変なのかもね(笑)

06.08.08

【休みの課題】 

朝の洗顔待ちの洗面所で、「読書感想文がきついんだよな」と夏休みの課題にぼやいていた学生がいたよ。「たしかにそうだよね」と経験者は語るぽいような口調で同情していあげたのだけれども、この人、なぜに知っているの?のような顔をされてね。思わず「おいらだってちゃんとしたかわいい(?)学生の頃があったんじゃい!」と言いたくなってしまったのだけれども、その言葉からはじまるおいらの昔話を聞いても楽しく感じるのはおいらだけだからね。「くどい」なんて言われた日には立ち直れそうもないように思って、自ら身を引いておきましたワ(笑)

保育士さんが「たくさん先輩がいるんだから」と、わからない勉強があれば教えてもらえれるようなことを学生に言っていたけれども、例えば算数なんかなら6年生レベルのことまで、ちゃんとわかりやすく教えられるのかなと思ってね。最終的には、面倒だから「計算機を使いましょう!」がオチかな^^;

この時期は「教えて」と言われないように、学生の前をうろつかない方がいいかもね(オイオイ)

06.08.07

【出展準備】 

秋に開かれる町の文化祭に、今年も俳句で作品参加しようと思っているおいら。暇なうちにと昨日あたりから準備をはじめているのだけれども、去年は調子に乗って12作も出しちゃって場所のとりすぎらしかったので、今年は半分くらいの出展で抑えておこうと思っていてね。だから普段から書きためていたものの中から、厳選して出しましょうと見ていたのだけれども、柄にもなく花を詠んだものが多かったことに気が付いてしまったのだよ。

そこで“小さな花屋さん”のタイトルで、花を詠んだものを集めてみても楽しいのかなと思いはじめてね。というか、もうそうすることにして、すでに5作にしぼって、和紙カードにそれらを印刷すれば出来上がりにしてしまってね。ちょっと勢いで取り組んでいるようにも感じてきたけれども、今のところはこれがとってもいいのかなって。

これで出展一番乗りはもらったな(笑)

06.08.06

【水分制限生活】 

先月初めの血液検査の結果から、水分の控えめをドクターから言われたおいら。とはいっても1日で100から200ccくらいを減らして、トータル1300から1400ccくらいにするだけのことなのでたいしたことではなのだけれどもね。。

ひと月たって、これまで気にもしないで飲んでいたものを、「今は100だけ飲んでおこう、それで800になったな」みたいな飲み方をするようになったので、なんとなく楽しくなくてね。もちろん楽しいからヤルとかヤラナイという次元ではないので、しっかり水分制限に気を付けているのだけれども、少なく飲んだ日はその分を次の日に「加算できないものか?」みたいなことを思ってしまうよ。当然これはここだけのハナシだけれども(^_-)

それにしても、水分制限はいつかなるだろうとは思っていたし、仲間のもっとすごい制限をしている姿もみてきているのにもかかわらず、いざ自分がその立場になると、わかっているのに悪たれる気持ちが出てしまうのが情けなく思うのだけれども、水分制限初心者にはまだまだ極めることは出来ないね^^;

ハナシによるとのどが渇いてどうしようもないときは、氷をなめると少ない水分でも渇きがとれるらしいけれど、おいらの制限ごときでは「渇いた〜」とまでは感じないようでね。それは単なるおいらの鈍感なのかなぁ〜

このまま鈍感であれ(笑)

06.08.05

【お習字】 

前に話した宮内庁の歌会始に出す短歌の習字書きだけれども、書道に腕のある保育士さんにお願いしたよ。そして今日、短歌だけでなく封書にも達筆してもらったので、あとは投函するだけになってね。もちろん入選することはありえないのだけれども、やっぱり他の公募みたいに気軽に考えるようなわけにはいかなかったせいか、投函にも緊張が入りそうだよ。

今、おいらが応募しようと考えているのは、「IT・感動・夢 川柳」という、日々の暮らしの中で感じたITを川柳にするっいうものなんだけれど、ITはおいらにとって日々の大切なアイテムのひとつだし、しかも選者が俳人の黛まどかセンセイとなればなおさら張り切って応募したいと思っていてね。

飽きっぽい性格なおいらだけど、こういうのものに頭を使うのは苦にならないようなんだよな〜

『IT・感動・夢 川柳』

06.08.04

【ボクシング】 

昨日のボクシングはすっきりしなかったな。もちろん亀田興毅が挑んだWBA世界王座決定戦のことだけれども、ダウンもしたから、あれは負け試合に思えたものね。というか、テレビがあまりにも盛り上げるものだから、あの微妙な判定に「なぁ〜んだ」という、勝って世界チャンピオンになったのに落胆ぽいものまで感じさせられたのかなと思えてならないのだよ。とはいっても、頂点に登りつめたワケなのだから、次は防衛戦ということになるのだろうけど、今度は王者らしい気持ちの良い勝ち方をしてほしいと願いたいね。頑張って。

それにしてもボクシングを見ていて思うけれども、よくあんなに殴られていて「痛い」の言葉が出ないよなって。だってチカラは鍛えられるけど、痛みというのはどう頑張っても感じるものだもの。やっぱりリキを入れて我慢しているんだろうね。だからそういう痛みを受けるスポーツを選ぶ人はすごいなと思うんだよ。おいらなら無理だな。

ボクシングを痛そうだなと思って観戦するっていうのも変だけれどもね(笑)

06.08.03

【あさがおさん】 

あちこちのブログを見てまわっていて、旅行休みをしているところが多くみられたよ。国内かな?それとも海外?ひとりで行くのかな?ふたりかな?もちろん家族みんなとでしょう!な〜んて想像をふくらますおいらだけれども、こういう時って、旅行から帰ってきてのブログ報告が楽しみに思えてね。

「いってらっしゃい、留守は任せておいて」のような、もちろん何をするわけでもないけれど、よく訪ねるブログには親しみがあるから、まるでご近所さんにでも声をかけるような気持ちになるから不思議なんだよね。

ちなみにおいらは10日から数日、家族が来てくれることになっているので、いつものごとく病院近くの宿泊所に泊まってくる予定だから、留守をよろしくということで(^_-)

話しはかわるけれども・・・

なんだかおいらの中では、7月はひまわり、8月はあかがおというイメージがあるのだけれど、あさがおって涼しさを誘うようなかんじがするから今時期はいいと思うのだよ。それに今って季節に関係なく花が出回っているけれど、あさがおって今だけの期間限定のような気がしてね。

あさがおの花言葉はきっとやさしげなものであろうと、ちょっと調べてみたのだけれども、おいら的には意外な愛情、平静、愛情の絆、結束、短い愛という言葉が並んでいてね。なんだかあさがおも「けっこうやるじゃん」のように思えたな。

それにしても、朝から愛を語るっていうのもどうなんだろうね、あさがおさん(笑)

06.08.02

【掲示板ができたよ】 

インターネットルータの不調だったのか、昨日の夕方あたりからネットが使えなくなっていてね。なので昨日のScribbleは1日遅れのUPになってしまったのだけれども、もう今日から8月なんだよね。また気分を一新して、張り切って日々を過ごしていきたいな。

さて、今日から『まいたけ』のBBSがリニューアルオープンしたよ(^-^)
なんだか出来上がるまでにけっこうな時間がかかって、ゴメンナサイってかんじなのだけれども、またみなさんとおしゃべりできるのかと思うと嬉しくて。気楽なきのこ気分になって書き込んでもらえるとありがたいな。とりあえず前回のようなことで閉めることにならないように、できるだけのセキュリティ強化をしたつもりではいるけれど、もうああいう不快にさせる書き込みだけは勘弁してほしいものだよね。

今回用意したBBSのきのこ達は、6つのシリーズものにしてみたよ。飲み物、花、野菜、果物、動物、変わり物っていうかんじなのだけれど、まぁ、簡単に言ってしまえばきのこの傘の色を変えただけのことなんだよね。それでも色選びには心を込めたつもりなので、書き込む時の気分できのこを選んだりして楽しんでみてね。

ということで『まいたけ』BBS、テープカットです!(笑)

06.08.01