Take and P

 おいら(たけと呼んでね)は、北海道の国立療養所で暮らしています。毎日の暮らしの中で、何があろうとおいらの為に朝から晩まで、寝る間も惜しんで頑張っているのがPという人工呼吸器です。
 人工呼吸器のイメージといえば、超重症な人がICUなんかで使っているかの様に思われがちですが、Pみたいにコンセント(電力)をあげると頑張ってくれる、移動可能なものもあります。ですから、Pとはベッドだけでなく、電動車椅子に乗る時、車内、自宅外泊といつも一緒です。



Pの活躍ぶりを紹介


ベッド
毎日がんばる
ベットに横になりながら人工呼吸器を使用しているタケの写真 毎日・・・・?
たけ
鼻にマスクを付けて、空気を送ってもらってます。


電動車椅子

電動車椅子の後部に
Pを乗せます。
電動車椅子に乗っているタケの写真
電動車椅子に乗せた人工呼吸器の写真
口にパイプをくわえて、空気を送ってもらってます。


自宅外泊 車内




ちょっと詳しくTake and P